今が見頃です

今が見頃です

Travel2019.02.08
先日ご紹介した、ツバキが続々と見頃を迎えている下関市園芸センターでは、梅も開花しています。
センター内には14種類56本が植わっており、例年より約1カ月早く開花しているそうです。

樹高が低いので間近に見られ、梅の香りも楽しめます。花が小さめの「小梅」、鴬宿(おうしゅく)梅をはじめ、2月中旬には「呉羽(くれは)枝垂」など枝垂れ梅が満開を迎える予定です。こちらも和装のフォトウエディングにオススメ。

2月9日(土)から11日(月・祝)までは「梅花展」が開催されます。20席の盆栽が並ぶ様子もぜひ観賞を。
また現在、センター事務所のそばに開園60周年を記念した花壇が整備されており、カラフルな花が並んでいます。園芸センターで下関をPRするために開発したオリジナルのツバキ「壇之浦」もお披露目中です。源平合戦をイメージし、赤白咲きにこだわった新品種もお見逃しなく。

写真:呉羽(くれは)枝垂れ

下関市園芸センター
所在地:下関市富任町(とみとうちょう)5-7-1
電話:083-258-0147
アクセス:JR安岡駅から徒歩15分/JR新下関駅からサンデンバスで約20分「園芸センター前」下車、徒歩1分 ※北浦線乗車の場合は「富任口」下車、徒歩15分/下関ICから20分
入園料:無料
開園時間:9:00~16:00
駐車場:あり
※「梅花展」は2月9日(土)~11日(月・祝)の開催


写真2:小梅


写真3:梅花展も間近に見て香りを楽しめます


写真4:60周年コーナー


写真5:雄しべが花びらに変化し細部にまで模様が入っている「壇之浦」
※写真4以外は下関市園芸センター提供

詳しい情報を読む
一覧に戻る