柳川伝承まりの世界

柳川伝承まりの世界

Culture2019.03.06
大小さまざまな「まり」はおがくずを綿で包んで成形し、しつけ糸で固定してから針でリリヤンや草木染めの糸を使ってひと針ひと針縫って作っていきます。少しの角度でずれが生じてしまうため、一段ずつそろえて作るのが大変なのだそう。

1個完成させるのに1カ月以上と、時間がかかるわけです。使う糸の素材や色合いで全く異なる雰囲気のまりになります。体験ワークショップも実施中です(1,000円)。

会員の皆さんは「1本1本心を込めて、小物とまりを組み合わせて出来上がっていくのが楽しい。1点1点に意味を持つ縫いぐるみと合わせて見てほしい」と話していました。

期間中は、オリジナルストラップの販売もしています(800円)。なくなり次第終了とのことですので、お早めにどうぞ。

写真:ガラスケースに入ったまりの展示も

柳川伝承まり・さげもん作品展
期間:開催中~3月10日(日)まで
※「豪華おひな様展示」は3月17日(日)まで
会場:長府毛利邸(下関市長府惣社町4-10)
時間:9:00~17:00(会期中無休)
※観覧は無料ですが、長府毛利邸の入園料(大人200円、小・中学生100円)が必要です
電話:083-245-8090(長府毛利邸)


写真2:使う糸と色によって全く異なる雰囲気になります


写真3:オリジナルストラップ販売中。現在出ているもの限りだそうです


写真4:お抹茶のお菓子もまた違うものになっています

詳しい情報を読む
一覧に戻る