関門を一望する「火の山公園」

関門を一望する「火の山公園」

Travel2018.03.09
桜の便りを待ち望む季節になりました。「7つのハート」が隠れているここ関門エリアも、桜の名所が数多く存在します。

火の山公園」は、下関の街並みや関門海峡はもちろん、対岸の門司港までも見渡すことができる関門屈指のビュースポット。瀬戸内海国立公園に含まれ、標高268mの「火の山」の山頂にある公園です。ロープウェイや自動車専用のパークウェイで登れば、瀬戸内海、日本海も一望できます。眼下に海峡の絶景を眺めながら山肌を進む空中散歩は、「火の山ロープウェイ」(今年は3月16日運行開始)のゴンドラでしか体験できないオンリーワンなひとときです。

桜の名所としても有名で、ソメイヨシノやヤマザクラなど、約1,000本の桜が広がります。今年の開花予想日は3月26日。3月31日頃には満開になると思われます。山の緑と海の青に、ピンク色が映える美しいコラボレーションを楽しむことができますよ。「日本夜景遺産」にも認定された夜景スポットでもあるので、夜桜鑑賞もオススメ!

関門を見渡せる「火の山公園」。恋人や夫婦、家族はもちろん、気になる相手がいるあなたも、桜めぐりをしてみては? ピンク色に染まるこの季節、関門にすむ“恋愛の神様”があなたの恋を一押ししてくれるかもしれません。

3月末から4月上旬は、まだ肌寒さが続きます。ストールなどを携行し、しっかりと寒さ対策をしてお出かけください! なお、駐車場は23:00閉鎖、下りゲートの閉鎖は23:30なので、夜景を楽しむときには帰りの時間には余裕を持たせた方が安心です。

【火の山公園】

住所:下関市みもすそ川町
アクセス:JR下関駅から火の山行きバス15分「火の山ロープウエイ」下車、徒歩30分/下関ICから車で15分
利用料金:火の山ロープウェイ大人片道300円(往復500円)・ 小人片道150円(往復250円)、自動車専用の火の山パークウェイは通行無料。
「火の山ロープウェイ」運休日:5月8日以降の火曜日、水曜日(祝日の場合は運行)注:展望台は、現在工事中のため利用できません

写真は、下関市提供

詳しい情報を読む
一覧に戻る