フォトウエディングレポート15

フォトウエディングレポート15

Photo Wedding2018.06.15
6月に入りアジサイの季節がやってきました!梅雨時期でも、フォトウエディングの聖地である関門海峡でのロケーション撮影を希望されるカップルは少なくありません。

今回のカップルは、アジサイでの撮影をご希望。場所によって満開の時期が異なりますので事前に開花情報を調べてロケーション場所を決定します。お二人は着物撮影に合うロケーションを希望されていたので、選んだのは関門海峡の門司港側「白野江植物公園」です。年中手入れの行き届いた園内には植物だけでなく日本家屋もあり、フォトウエディングには最高のロケーション。

お二人は転勤で北九州に来られたばかりで、白野江植物公園に来たのは初めてとの事。ドライブが好きなお二人は関門地域には何度も来ているそうですが、初めての場所にとてもわくわくしていました。

園内でアジサイが咲いているポイントは2箇所。園内入って右手の水生園と左手の湿性園。どちらも満開で綺麗です。水生園のアジサイは水色やピンクのパステルカラーが多く、湿性園は濃い青のアジサイが素敵でした。池に沿って街道のように咲いているアジサイを背景に写真が撮れてお二人も大満足されていました!

満開のアジサイでのフォトウエディング体験してみてはいかがですか?

詳しい情報を読む
一覧に戻る