旧下関英国領事館で結婚式開催

旧下関英国領事館で結婚式開催

Culture2018.07.30
下関の唐戸にある旧下関英国領事館で7月15日(日)、公開ウエディングスタイルの結婚式がありました。
明治維新150年を記念して、事情があって結婚式をしていないカップルを対象に挙式希望者を募集。下関市内外から5組の応募があり、当選した市内在住の川島一輝さん(29)、智子さん(36)夫妻が領事館ウエディング第1号として挙式しました。

1階の旧領事室で行われた人前式では、親族や友人約50人が見守るなか、二人はお互いを幸せにすると宣誓。祝福の大きな拍手が送られました。宣誓書への署名や指輪を交換した後は、中庭で餅まきを行い、出席者や通りがかりの観光客も幸せのお裾分けをもらいました。

二人は2016年に入籍したものの、智子さんの出産や体調を考慮して一度は挙式をキャンセル。心残りとなっていたところに今回の企画を知り、応募したそうです。「皆さんに喜んでもらえて、良い門出になりました。歴史ある旧領事館でのウエディングは写真や映像映えにも良いと思います」と、うれしそうに話していた新郎新婦の笑顔が印象的でした。
写真:ケーキカットを行う新郎新婦

明治維新150年記念ウエディングin旧下関英国領事館
今年2~3月に、事情があって挙式をしていない、できないカップルを対象に募集。
重要文化財であり日本遺産「関門“ノスタルジック”海峡~時の停車場、近代化の記憶~」構成文化財でもある同館では今後も、他の結婚式場と同様に通常料金で結婚式・披露宴を受け付ける予定です。
問い合わせ先:083-235-1906(旧下関英国領事館)


写真2:2階から花びらが舞うなか、中庭で餅まき


写真3:最後に記念撮影

詳しい情報を読む

詳細は、【Bridge of Love】http://kanmon-wedding.comをご覧ください
提供:北九州・下関市(関門地域行政連絡会議)、contact:(株)関門ツーリズム(E-mail)
一覧に戻る