“れきはく”で海峡の歴史を学ぼう

“れきはく”で海峡の歴史を学ぼう

Culture2018.08.26
夏休みも折り返しを過ぎました。先日紹介した下関市立歴史博物館で開催中の記念特別展「海峡の幕末維新」では、通常の展示にはない子ども向けのパネル解説など、この時期ならではの企画も用意されています。

関門海峡の当時の様子を描いた絵、吉田松陰の書状や幕長戦争で使用したイギリス製の銃など、迫力のある大きな絵や文字などの資料が並び、全80点を4章にわたって紹介。企画展と常設展で合わせて計4問のクイズラリーも実施しており、同館公式アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードして参加してみませんか? もちろん、スマホを持っていなくても大丈夫。専用用紙をもらって答えることもできますよ。クイズに答えた方にはオリジナル缶バッジをプレゼント。記念になる高杉晋作や坂本龍馬の缶バッジがもらえます。

また8月26日(日)には関連ミニ講座が開かれます。学芸員さんから特別展に関する貴重な話が聞けるチャンス。夏休み最後の思い出作りに、博物館へ足を運んでみてはいかがでしょう? 写真:歴史博物館外観

明治維新150年記念特別展「海峡の幕末維新」
期間:開催中~9月2日(日)※クイズラリーも同期間中の実施
会場:下関市立歴史博物館
※関連ミニ講座は8月26日(日)10:30~11:30、博物館ガイダンス交流室にて(予約不要・聴講無料)
所在地:下関市長府川端2-2-27
電話:083-241-1080
アクセス:JR下関駅からサンデンバスで約25分「城下町長府」下車、徒歩約10分/下関ICから約20分
観覧料:一般500円、大学生など300円
※18歳以下の方、高校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒、70歳以上の方で生年月日が証明できるものを持参された方、障がい者手帳をお持ちの方は無料
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
駐車場:一般26台(最初の2時間まで100円/1時間、以後100円/30分)、身障者用2台(無料)※利用時間は9:00~17:30


写真2:当時の関門海峡を描いた絵。現在と比べてみてください


写真3:大型の絵図や実際に使用された銃など貴重な資料が並びます


写真4:公式アプリにはクイズラリーだけでなく、館内にあるフォトスポットで坂本龍馬とツーショット写真を撮ることができるなど楽しい機能があります

詳しい情報を読む

詳細は、【Bridge of Love】http://kanmon-wedding.comをご覧ください
提供:北九州・下関市(関門地域行政連絡会議)、contact:(株)関門ツーリズム(E-mail)
一覧に戻る