風を鎮め豊作を祈る「風鎮祭」

風を鎮め豊作を祈る「風鎮祭」

Culture2018.08.24
フォトウエディングの聖地・関門海峡から新下関方面にある「長門國一宮 住吉神社」。日本書紀の「神功(じんぐう)皇后」の伝説にまつわる神社です。

仲哀(ちゅうあい)天皇の妃である神功皇后は、夫の死後、新羅、高句麗、百済を平定する「三韓征討」を行いました。神功皇后は、住吉大神に「三韓征討」の勝利を感謝し、住吉大神の荒ぶる魂「荒魂(あらみたま)」をまつり、祠を建てました。全国に2300社ある「住吉神社」の中で、大阪の住吉大社、博多の住吉神社と共に、「日本三大住吉」の1つとされています。

1370年に大内弘世により造営された本殿は「九間社流造(きゅうけんしゃながれづくり)」という美しい造りで、国宝に指定されています。

そんな住吉神社で8月25日(土)に開催される恒例行事が「風鎮祭」です。その名の通り、「風を鎮めるお祭り」です。秋にかけて、稲作など多くの農作物が実るこの時期に、台風などの影響で稲が倒れてしまう被害が頻発するため、こうした被害を治めるために始まりました。別名「風よけ祭」とも呼ばれています。

当日は17:00から本殿にて風鎮祭が始まり、稲の豊穣を祈願します。その後、19:00〜21:00の間に盆踊りが執り行われます。夏の思い出を盆踊りで締めくくってみては?

会場には屋台も出店するため、小腹を満たしながら神社の散策もおすすめです。駐車場も広いため車での来場も可能。境内はもちろん、神社に隣接する住吉公園のお手洗いも利用できます。歴史深い住吉神社で、秋の豊作祈願を楽しみませんか? 写真:盆踊りを踊る人々

長門國一宮 住吉神社「風鎮祭」
開催日時:8月25日(土)17:00〜(盆踊り19:00〜21:00)
場所:長門國一宮 住吉神社(下関市一の宮住吉一丁目11番1号)
アクセス:JR新下関駅からバスで5分「一の宮」バス停下車徒歩5分/下関ICから車で10分


写真2:盆踊りを踊る人々 写真提供:長門國一宮 住吉神社

詳しい情報を読む

詳細は、【Bridge of Love】http://kanmon-wedding.comをご覧ください
提供:北九州・下関市(関門地域行政連絡会議)、contact:(株)関門ツーリズム(E-mail)
一覧に戻る